news

慶應義塾大学病院産科外来において遠隔妊婦健診を開始

2020/07/15
メディカルデータカード株式会社
メディカルデータカード株式会社(代表取締役社長:西村 邦裕、以下「当社」)、慶應義塾大学病院(病院長:北川 雄光)、中部電力株式会社(代表取締役社長:林 欣吾、以下「中部電力」)は、慶應義塾大学病院産科外来において、6月23日より遠隔妊婦健診および健診を支援するシステムの運用を共同で開始しましたのでお知らせします。 本取り組みでは、妊婦さんの同意のもと、当社のアプリ「MeDaCa」を活用し、処方箋控えデータ・検査結果等をオンラインでアプリに送信することに加え、中部電力のデータプラットフォームを活用し、妊婦さんが自宅で計測した血圧や体重データを医師が診察の際に確認することができます。 さらに、当社が開発したビデオ通話システムを活用し、妊婦さんがビデオ通話で自宅に居ながら診察を受けることができます。 当社は、今後も、AI・IoT技術等を用いて、医師がより正確な診断を行うための支援や、医師と患者のコミュニケーションサポートなど、人々が健康的でより良い医療サービスを享受できるようなサービスの開発に努めていきます。
全文はこちら