知っているって、ホッとする
人生に安心を

私たちの目指すところ Concept
2つのサービス Service
弊社サービスの
セキュリティーについて
Security

Concept

患者さんと医療機関の架け橋になるサービスの構築を目指します

メディカルデータカード株式会社の目的は、世界中の人々が、いつでもどこでも最高の医療を受けられるような仕組みを作ることです。

そのために、皆さまの健康情報・医療情報をクラウドで適切に保管することにより、個人が自分の健康・医療情報に「いつでも・どこでも」アクセスできる仕組みを提供します。

そして、医師との連携も考慮し、患者さまのみならず、医療に関わるすべての人にメリットがあるサービスの構築を目指します。

News

2018年11月28日
文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、科学技術イノベーションの様々な分野において活躍し、日本に元気を与えてくれる「ナイスステップな研究者」として11人を選定し、弊社代表の西村も選ばれました。
「科学技術への顕著な貢献2018(ナイスステップな研究者)」の選定について

2018年11月24日
第38回 医療情報学連合大会 第19回 日本医療情報学会学術大会(2018/11/22-25)にて、弊社代表の西村が「広域保健医療・ヘルスケアシステム」のセッションにてMeDaCaを使った「検査データについて病院・検査センターと患者とを結ぶ試み」の発表を行いました。

2018年11月14日
この度、大学病院産科外来にて、MeDaCaアプリを使った赤ちゃんの超音波検査画像をデジタルで妊娠中の方に提供するサービスと、呼出しサービスを開始いたしました。
MeDaCa、赤ちゃんの超音波画像をデジタルで提供開始

2018年10月2日
この度、MeDaCa / Android版アプリの最新バージョン(ver2.0.0)をリリースしましたのでお知らせいたします。今回のバージョンアップでは、より直感的にアプリをご利用いただけるよう画面デザインの大幅改修を行いました。
詳しい変更内容はこちら

2018年10月1日
2018年10月10- 12日にパシフィコ横浜で開催されるBioJapan 2018にて、ブースを出展いたします。 是非、ブースにお越しください。
小間番号 : D-30、出展ブース : 科学技術振興機構(JST)
BioJapan 2018 メディカルデータカード

2018年8月30日
2018年8月30-31日に東京ビックサイトにて開催される、JSTフェア2018に、JST SUCCESS (出資型新事業創出支援プログラム)のブースして出展させていただきます。是非、ブースにお越しください。
JSTフェア2018

2018年8月10日
夏季休業のお知らせ
誠に勝手ながら、弊社の夏季休暇を下記のとおりとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、期間中のお問い合わせにつきましては、8月16日(木)以降、順次対応させていただきます。
夏季休暇期間:2018年8月11日(土)?2018年8月15日(水)

2018年5月22日
慶應義塾大学病院と、スマートフォンアプリMeDaCaを使った実証研究を共同で行うためのシステム利用契約を締結いたしました。
メディカルデータカード、MeDaCaアプリのサービス利用契約を慶應義塾大学病院と締結

2018年5月11日
科学技術振興機構(JST)より2度目の資金調達を実施をいたしました。さらに良いサービスをご提供できるようにして参ります。
科学技術振興機構(JST)より二度目の資金調達を実施 ~患者様向けスマートフォンアプリ「MeDaCa」、医療機関向けウェブサービス「MeDaCa PRO」のシステム開発強化~
JST 科学技術振興機構報 第1268号 出資型新事業創出支援プログラム(SUCCESS)におけるメディカルデータカード株式会社への追加出資実行について

2018年5月2日
日経デジタルヘルスにて、名古屋臨床検査センターと弊社の取り組みを記事として掲載していただきました。
検査結果を数日後に患者のスマホに、名古屋臨床検査センター メディカルデータカードの「MeDaCa」を活用

2018年4月27日
名古屋医師協同組合 名古屋臨床検査センター(理事長 中野佐上、名古屋市昭和区)とメディカルデータカード株式会社は共同で、メディカルデータカードが提供する個人向け医療アプリMeDaCaR、および医療機関向けウェブサービスMeDaCa PRORを介して、医療機関の確認のもと臨床検査結果をデジタルデータで患者様へ直接渡すサービスを開始しました。患者様は、MeDaCaRアプリをつかって、ご本人のスマートフォンやパソコンで検査データをいつでもどこでも参照することができるようになりました。
当初は、 血液検査、 尿検査を対象としてサービスを提供いたしますが、 今後は結果報告の対象検査の拡大を検討していきます。名古屋臨床検査センターとメディカルデータカードは、 本サービスを提供することにより、 より良い医療体制の構築に貢献していきます。
名古屋医師協同組合 名古屋臨床検査センターとメディカルデータカード、臨床検査結果を患者様のスマホにデジタルデータで渡すサービスを開始

2018年4月20日
Wedge(ウェッジ)5月号「迷走する病院IT改革-置き去りの患者、主体性のない国-」にて弊社は取材を受け、そのインタビュー記事が掲載されました。
「患者情報を患者に戻す新興ITベンダーたち」にて、新興ITベンダーの一つとして紹介されています。

2018年4月20日
OS版MeDaCaアプリの画面デザインを、より直感的にご利用いただけるように大幅に変更致しました。Android版アプリも現在開発中でございます。今しばらくお待ちくださいませ!

2018年3月30日
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究開発事業である未来社会創造事業の重要公募テーマの一つである「ヒューメインなサービスインダストリーの創出」(平成29年度公募)において、「セルフデータ収集によるヘルス・セントリック社会の創出」の課題として、弊社は分担研究機関として研究開発を受託いたしました。
弊社はいつでもどこでも最高の医療を受けられる社会システムの実現に貢献してまいります。
メディカルデータカード、JST未来社会創造事業の研究開発を受託

2018年2月13日
日経デジタルヘルスが開催したイベント「日経デジタルヘルスベンチャー祭り2018」が開催され、弊社代表の西村がプレゼンテーションを行いました。
「日経デジタルヘルス年鑑2018」の「ベンチャー/スタートアップ総覧」に掲載された企業101社中の13社によるピッチ登壇です。 医療情報系スタートアップに関心のある方が150名以上ご参加されており、MeDaCaの未来像も含めてサービスをご紹介させていただきました。

2017年12月20日
年末年始休業のお知らせ
誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
年末年始休業期間:2017年12月29日(金)?2018年1月4日(木)

2017年10月4日
2017年10月9日(月・祝)体育の日 に東京都医師会主催のキッズ体験イベントにてMeDaCaの展示をいたします。
「キッズホスピタルランド2017 第2弾 ~みて、ふれて、まなぼう!からだのひみつ~」イベントの詳細はこちらをご覧ください。

2017年8月23日
海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイトのTechable(テッカブル)に、MeDaCaについてのインタビューが掲載されました。MeDaCaのサービス内容、サービス誕生のきっかけ、今後の展開などです。
TECHABLE【Interview】医療の新しい形を提案!患者と病院の架け橋を作るメディカルデータカード社に接近

2017年8月10日
総務省電気通信事業者の届出を行い、受理されました。
届出番号:A-29-15914
今後は、電気通信事業者に義務付けられている電気通信事業法に則って事業を行ってまいります。

2017年8月3日
夏季休業のお知らせ
誠に勝手ながら、弊社の夏季休暇を下記のとおりとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
夏季休暇期間:2017年8月10日(木)?2017年8月16日(水)

2017年8月1日
日経デジタルヘルスに掲載していただきました。
メディカルデータカード、JSTから資金調達
慶応医学部発ベンチャー、患者情報共有サービスの強化へ


日経デジタルヘルスのトップページのPICKUP(キャプチャ画像)にも載せて頂きました。

2017年7月25日
科学技術振興機構(JST)より資金調達を実施いたしました。 患者さん向けスマートフォンアプリ「MeDaCa」、医療機関向けウェブサービス「MeDaCa PRO」の事業基盤を強化してまいります。
JST 科学技術振興機構報 第1268号「出資型新事業創出支援プログラム(SUCCESS)におけるメディカルデータカード株式会社への出資実行について」

2017年7月20日
東京都医師会雑誌 2017年(平成29年)7月号 第70巻 第6号(通巻676号)に、「MeDaCa:患者さん用PHRと医療機関との架け橋サービス」と題して、代表の西村邦裕の記事が掲載されました。

2017年6月6日
東京都医師会の都医ニュース(平成29年5月15日号)に3/11の「第29回 医療とITシンポジウム」における代表の西村のMeDaCaの発表について、および、「「MeDaCa」のようなPHRの利用も今後進んでいくだろう。」とコメントも掲載していただきました。

2017年4月21日
ホームページを更新しました。

2017年3月15日
DigitalHealthNews 「患者と医療機関をデータでつなぐPHRサービス:MeDaCa」としてMeDaCaを掲載していただきました。

2017年3月13日
東京都医師会 第29回 医療とITシンポジウムにて代表の西村が講演をさせていただきました。
「MeDaCa:患者さん用PHRと医療機関との架け橋サービス」
講演資料

…… 過去のニュースを読む

Service

患者さん向け、医療機関向け、2つのサービス

患者さん個人と医療機関を結ぶ
健康・検査データプラットフォームの構築
インターネット上でのコミュニケーションツールの提供をします。

患者さん向けサービス

医療・健康データを 自ら管理・活用できる 患者さん向けの スマートフォンアプリ。 ※ブラウザ画面でも閲覧可能

MeDaCa 詳しく

医療機関向けサービス

医療機関が、 MeDaCaアプリを使用している 患者さんと リアルタイムで繋がるための コミュニケーションサービス。

MeDaCa 詳しく

患者さん向けサービス

じぶんの健康を収納するアプリ
MeDaCa

MeDaCaとは、検査データ、処方箋、
レントゲン写真、健康診断書といった、
身の回りにある医療情報を
自分のスマートフォンに収納できる、
棚のようなポータルサイトです。

収納上手なMeDaCaが 健康上手な暮らしをサポートします。

MeDaCaは、病院とのコミュニケーションツールとしても 使用できます。

Apple App Store MeDaCa Google Play Store MeDaCa
MeDaCa Web版はこちら
MeDaCa Pro
MeDaCaと検査センターとの連携
名古屋医師協同組合 名古屋臨床検査センターと連携しておりますので、MeDaCaを介して、医療機関の確認のもと臨床検査結果をデジタルデータで患者様へ直接渡すサービスを開始しております。このサービスを利用されている医療機関の患者様は、MeDaCaアプリをつかって、ご本人のスマートフォンやパソコンで検査データをいつでもどこでも参照することができます。
MeDaCaアプリコンセプトムービー

医療機関向けサービス

MeDaCa PRO

医療機関が、
MeDaCaアプリを使用している患者さんと
リアルタイムで繋がるための
コミュニケーションサービス。

MeDaCa PROサイトはこちら
MeDaCa Pro
患者さんがMeDaCaアプリに診察券を登録すると、クリニックのMeDaCa PROと連携ができるようになります。
MeDaCa PROの特徴
  • ・医療機関がMeDaCa PROから検査データを写真やPDFで、患者さんのMeDaCaにアップロードすると、患者さんはリアルタイムに検査データを見ることができます。
  • ・患者さんが、MeDaCaに登録した他院での検査データは、患者さんの承認があれば閲覧・ダウンロードできます。
  • ・医療機関から患者さんにメッセージや通知を送ることができます。

利用料金

初期費用  
0
月額利用料 
7,800
円(税抜)

※ 上記月額利用料は、ベッド数が19床以下の医療機関の方を対象としております。ベッド数が20床以上の医療機関の方は別途ご相談となりますので、MeDaCa PROサポートデスクまでお問い合わせください。
※ サービスアップデートなどにより料金は変更となる場合がございます。ご了承ください。

お試し期間 利用料
円!(利用開始月を含む2ヶ月間)

お支払いシミュレーション

※ 月中に利用を開始された場合は、ご利用開始月を含む2ヶ月が無料期間となります。
※ 無料期間中での退会をご希望される場合は、退会希望月の前月20日までにMeDaCa PROサポートデスクまでご連絡ください。

MeDaCa PROの無料お試しはこちらから

お支払いサイクル

毎月末締め翌月末払

※ 退会をご希望される場合は、退会希望月の前日20日までにMeDaCaサポートデスクまでご連絡ください。
MeDaCa PROの無料お試しはこちらから

ご利用者の声

かねまきクリニック
院長 印牧 武人 先生
もっと見る

北川くりにっく
院長 北川 裕章 先生
もっと見る

洪内科クリニック
院長 洪 尚樹 先生
もっと見る

ご利用者の声一覧はこちら

Security

高度なセキュリティ管理のもと運営していますので、お預かりする大切なデータはしっかり守られています。

  • 弊社のサービスは、全てデータセンターとしてAmazon Web Services (AWS) を利用しています。
    またデータセンターは国内にあり、データは安全に保管されています。
  • サーバーと個人のスマーフォンやパソコンの間では、SSL(Secure Sockets Layer)/ TLS(Transport Layer Security)という暗号化通信を行っておりますので、通信で情報が盗まれたり改ざんされたりする可能性はありません。
  • 医療機関ユーザーについては身分証明などから独自に審査し、適切なデータアクセスへの権限を管理しています。
  • 医療機関と患者とのデーターの共有については毎回、同意を取ります。同意があった場合のみ、データの共有ができる仕組みになっています。
  • 個人情報については弊社の個人情報保護規程、プライバシーポリシーに則り、適切に管理します。

About Us

役員紹介

代表取締役社長
西村 邦裕 (にしむら くにひろ)

2001年東京大学工学部卒、2006年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士。 東京大学大学院 情報理工学系研究科 助教を経て、2011年4月株式会社テンクーを創業。 慶應義塾大学医学部と共同研究をする中からMeDaCaのアイテ゛アか゛生まれ、2014年10月に MeDaCaの仕組みを世の中に広めるためメテ゛ィカルテ゛ータカート゛株式会社を創業。代表取締役社 長に就任した。情報技術を用いて、医療に貢献することを目指しています。

Company

会社名
メディカルデータカード株式会社
 
Medical Data Card, Inc.
設立
2014年10月30日
所在地
〒160-0007
東京都新宿区荒木町1-22 四谷マンション203
tel
03-3226-0303
資本金
15,000万円 (資本準備金含む)
事業内容
健康・医療情報を一元的に管理するためのインターネット・モバイル・クラウドサービスの企画・開発・提供
資格・認定・届出
総務省 届出電気通信事業者(届出番号 A-29-15914)
代表者
代表取締役社長 西村 邦裕
MEXT/JST COI-STREAM MeDaCa

COI-STREAMについて

MeDaCaは、 文部科学省・JSTの革新的イノベーション創出プログラム (COI-STREAM)における慶應義塾大学トライアル拠点 「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」 の研究成果です。 COIのアプリセンターでの紹介ページ

Research

Contact

ご連絡は下記のフォームまたはメールからお願い致します。
mail: info [at] medaca.co.jp

Fill out my online form.