MeDaCa PROとは?

主な機能

臨床検査結果をいち早く患者さんへ送信

患者さんがMeDaCaアプリに診察券を登録すると、クリニックのMeDaCa PROと連携ができるようになります。
  • 検査結果をいち早く患者さんへ提供
    • 送信するタイミングはドクターが判断
  • 服薬指導書や食事指導書などをデジタルで患者さんへ提供
    • pdf / jpeg / pngファイルを選択

ビデオ通話 新機能

  • 通院が困難な患者さんの診療
    • 非対面であっても精度の高い診療
    • 患者さんやご家族も安心
  • 感染リスクを最小限にした診療
    • 患者さんとご家族のリスク軽減
    • 医療従事者のリスク軽減

その他の機能

  1. 患者さんの過去の臨床検査結果の参照 MeDaCaに保存されている他院で過去行なった検査を、患者さんの同意のもとで閲覧できます。
  2. 次回診察時間のリマインド 予定の1週間前及び前日の夕方18時と当日の2~3時間前に患者さんのスマホに通知し、受診忘れを防止します。
  3. 一括/個別のメッセージ送信 予防接種受付開始や、急な休診のお知らせなどをスマホに送信できます。

安全なシステム

  • 動的同意の取得 医療機関と患者さん間のデータやりとりには、都度、患者さんの明示的な同意が必要です。
  • 強固なセキュリティ データサーバは定評あるAWS、通信にはSSL/TLS暗号化技術を採用し、万全の環境でシステムを運用しています。

医療機関のメリット

  • 患者さんとのコミュニケーションツール
    • 患者さんの満足度向上
    • 患者さんの治療へのモチベーション向上
    • 食事療法や運動療法などのリアルタイムな啓蒙
    • 休診のお知らせや、ワクチン開始のお知らせ
    • 早めの来院の促進
    • ご家族の安心感の構築
  • 診療効率アップ
    • 過去の治療歴に基づいた治療方針の早期決定
    • 診察時間の短縮による診察件数のアップ
    • 検査結果を先に送ることによる患者さんの理解度向上
  • 緊急時・災害時に貢献
    • データをクラウドサーバに安全に保管
 
MeDaCa PROのお申込みはこちら
 

事例1)検査会社との連携

臨床検査会社とのシステム連携により、デジタル処理した一般検体検査を患者さんへ直接渡すサービスです。 このサービスを利用されている医療機関の患者さんは、MeDaCaアプリを使って、ご本人のスマートフォンやパソコンを使って、検査データをいつでもどこでも参照することができます。
※お取引検査センターと連携ができている場合と連携ができていない場合では、操作方法が異なります。

MeDaCa PROと連携している検査会社一覧

事例2)大学病院での導入

  • 慶應義塾大学病院 MeDaCaを介して、産科外来にて赤ちゃんの超音波画像をデジタルでお渡しするサービスや、お薬説明書や検体検査結果をデジタルでお渡しするサービスを実現しております。また、MeDaCaメッセンジャー機能を使った、外来での待合呼出しサービスを行っております。 (2019.10.31時点)
  • 東京医療センター 産科外来にて、MeDaCaメッセンジャー機能を使った、外来での待合呼出しサービスを行っております。 (2019.10.31時点)
呼出しの通知は患者さん自身のスマートフォンに行われますので専用端末の導入コストは不要です。患者さんは長時間掲示板の前で待つ必要はなく、また流行性感冒の時期などの2次感染を防ぐことができるため、患者さんの満足度向上に貢献します。

MeDaCa PROユーザーの声

利用料金

初期費用
0
月額利用料
7,800
円(税抜) ※ 上記月額利用料は、ベッド数が19床以下の医療機関の方を対象としております。 ベッド数が20床以上の医療機関の方は別途ご相談となりますので、MeDaCa PROサポートデスクまでお問い合わせください。 ※ サービスアップデートなどにより料金は変更となる場合がございます。ご了承ください。 ※当面の間、ビデオ通話実装による新たな費用負担なくお使いいただけます。
お試し期間 利用料
0
円!(利用開始月を含む2ヶ月間)

お支払いサイクル

毎月末締め翌月末払
※ 退会をご希望される場合は、退会希望月の前日20日までにMeDaCaサポートデスクまでご連絡ください。
 
MeDaCa PROのお申込みはこちら